薄毛 ヘアスタイル

薄毛をヘアスタイルでごまかすってアリ?

薄毛をヘアスタイルでごまかすってアリ?:自毛植毛経験者の体験レポ

 

髪が薄くなってくると、何とかごまかそうとしてヘアスタイルを工夫する人がいます。

 

かつての私もそうでした。前頭部がスカスカになってきて、何とかごまかそうとしてオールバックにしたことがありました。しかし、それでもスカスカになってきたので、結局坊主にした経験があります。

 

また、外出するときはよく帽子をかぶっていました。帽子をかぶると人から見られているというストレスにさらされないで済むからです。ですが、これらはいずれも根本的な解決にはなっていなかったのです。

 

 

 

AGAは必ず進行していく

30代後半の時、このときが一番髪が薄くなっていた時ですが、AGAというものを知りませんでした。髪が薄くなってきたら避けられないもの、治せないものだと信じていました。

 

そして、若い時からハゲてきたら坊主にしよう、と決めていました。今思えば無知だったということです。

 

AGA(男性型脱毛症)は、治療をしなければ確実に進行していきます。最終的にはハゲになるわけです。しかし、ほとんどの人は昔の私のようにこの事実を知りません。

 

そのため、薄毛になってくると指をくわえて見ているだけ、という状況に陥っています。もちろん、その間も容赦なくAGAは進行し続けるので、いずれハゲ上がっていきます。

 

 

 

薄毛をヘアースタイルでごまかす前にやるべきこととは?

薄毛をヘアースタイルでごまかす前にやるべきことは、薄毛の進行を食い止めることです。ですが、その方法を知らなければなりません。

 

しかし、このようなことはおそらく会社などで相談できる人はいないでしょう。もし、育毛方法を知っていても髪に関することはなかなか人には話せないものです。

 

また、身近にいる人たちでハゲている人もいるでしょう。その人たちがハゲているから自分もそれを防ぐことはできないんだ、と半ばあきらめモードになっている人もいるでしょう。

 

ですが、私の経験則から言って薄毛、いわゆるAGA(男性型脱毛症)は治すことができると断言できます。

 

もちろん費用は掛かりますが、それらを納得して受け入れることができればの話です。

 

つまり、薄毛でヘアースタイルをごまかす前にやるべきことは、AGA治療に取り組むことです。

 

 

 

AGA治療とは?

現在、AGA治療で効果が認められているのは、

 

プロペシア
ミノキシジル
自毛植毛

 

この3つのみがAGA治療として効果が認められています。そのため、それ以外の治療法は効果がないといってもいいでしょう。

 

育毛サロン、育毛剤などは医薬品でもなければ医療行為でもありません。AGA治療は結局、医療機関か医薬品として認可された薬でないと効かないのです。

 

ただし、医療行為といっても、AGAは命に関わる病気ではないので医療保険が適用されません。そのため自由診療となり、費用が掛かります。

 

その費用をどうとらえるかです。中には髪にそんなにお金はかけられない。なのでハゲたらハゲたで仕方がない、と割り切る人もいるでしょう。

 

ですが、薄毛の悩みは深いので、心のどこかではハゲたくないと思っているはずです。

 

いくら薄毛をヘアースタイルでごまかしても、いずれごまかしが効かなくなるときがきます。

 

そうならないためにも、AGAを根本的に解決するべきではないでしょうか?

 

>>>私の自毛植毛体験談はこちら

 

 

 

アイランドタワークリニック


アイランドタワークリニックは、カウンセラーの方々も植毛経験のある人たちです。私が施術を受けたときも、カウンセリングの時にカウンセラーの植毛前後の写真、そして本人の髪を直接見せてもらいました。

そして、自分の髪の状況がどうなっていて、どうしなければいけないのかがよくわかります。自毛植毛を検討するなら、まずはアイランドタワークリニックの無料カウンセリングに行かれてみてはいかがでしょうか。

ただいまキャンペーン半額キャンペーン実施中↓



>>>アイランドタワークリニック公式サイトで確認してみる