自毛植毛 3か月

植毛後3か月目までの注意点

自毛植毛後3か月目までの注意点:植毛経験者の体験レポ

 

植毛直後から2か月目くらいまでは、目に見えた変化はありません。植毛した髪の毛もそれなりに少しづつ伸びてくるはずです。

 

しかし・・・

 

植毛後3か月目くらいにショックロスといって、一旦髪の毛が抜け落ちる現象があります。これは植毛した髪が生え変わる過程で起きるものです。

 

この時は、かなり抜け落ちるため、以前にも増して髪が薄く見えてしまいます。

 

「植毛したのに逆に髪が薄くなってしまうなんて!」

 

と、かなり落ち込んでしまいそうになります。しかし、ここを乗り越えると徐々に髪が生えそろってきます。

 

 

 

ショックロス時の対応

ショックロスは相当数抜け落ちるため、かなり薄毛になってしまいます。そのとき、どう対処したらいいか?

 

もし、普段から髪を短く刈っているなら、それ以上に短くするというのが最善の方法です。そうすれば、薄いのが目立たなくなるからです。ただ、普段から髪を伸ばしている人はどうすればいいか?

 

髪の長さにもよりますが、既存の髪で隠すかヴィッグを使用するという方法があります。もちろん中途半端に長い人もいるので一概には言えません。

 

思い切り短くするか、かなり伸ばして既存の髪で隠すかどちらかになると思います。

 

 

 

麻酔の影響

麻酔の影響というのは、私の場合手術時の麻酔の影響で、3か月経っても頭の感覚がありませんでした。叩いても他人の頭のような感覚だったのです。

 

これは人によると思うので、全員がそうなるわけではないかもしれまえんが、3か月経っても麻酔の影響がある場合がある、ということは想定しておいた方がいいでしょう。

 

もちろん、それによって何か日常生活に支障があるわけではありません。ただ、やっぱり正常ではないためイヤな気分ではあります。

 

 

 

植毛から3か月目までの過ごし方

ショックロスまでは特に問題はないでしょう。ショックロスの時にどう対処するかは個人個人どのように植毛したかによって変わってきます。

 

私の場合は坊主だったので、さらに短く刈りました。また、外出時は必ず帽子をかぶっていました。

 

ショックロスが終り、4か月目くらいから徐々に髪が生えてきます。

 

いずれにしても自毛植毛はいくつか乗り越えなければならない壁がありますが、それを受け入れてまでのメリットはあると思います。

 

私自身、自毛植毛はのメリットは十分実感しています。それは、年数を重ねるごとにわかってきます。

 

>>>私の自毛植毛体験談はこちら

 

 

 

アイランドタワークリニック


アイランドタワークリニックは、カウンセラーの方々も植毛経験のある人たちです。私が施術を受けたときも、カウンセリングの時にカウンセラーの植毛前後の写真、そして本人の髪を直接見せてもらいました。

そして、自分の髪の状況がどうなっていて、どうしなければいけないのかがよくわかります。自毛植毛を検討するなら、まずはアイランドタワークリニックの無料カウンセリングに行かれてみてはいかがでしょうか。

ただいまキャンペーン半額キャンペーン実施中↓



>>>アイランドタワークリニック公式サイトで確認してみる