自毛植毛 育毛剤

植毛と育毛剤の比較

植毛と育毛剤の比較:植毛経験者の体験レポ

 

植毛は医療機関で行う医療行為に対して、育毛剤は市販されている医薬部外品になります。

 

では、植毛と育毛剤の違いについて具体的検証していきたいと思います。

 

  育毛剤 植毛
効果 確実な効果はわからない 半年から1年で髪が生えてくる
費用(10年) チャップアップ

9090円×12か月×10年=108万9千円

2000株=150〜200万円
種別 医薬部外品 医療行為

 

費用面だけで見ると、育毛剤の方が半分程度安いということになります。しかし、一概に費用だけで判断することはできません。なぜなら、育毛剤は医薬品ではないからです。

 

育毛剤はあくまで医薬部外品であって、医薬品レベル並みの効果はないと考えるべきです。もし、本当に医薬レベルの効果が認められているなら医薬品として扱われているはずです。

 

そのため、育毛剤を10年間使い続けたとしても、もしかしたら効果が得られないということも考慮すべきです。

 

一方、植毛はれっきとした医療行為で効果も認められている治療法です。費用面では育毛剤の2倍近い費用ですが、確実に効果が得られることを考えると決して高額な費用ではないのではないでしょうか?

 

もし、育毛剤を使用し続けて効果がなかった場合、それまでに支払った金額は無駄に終わってしまいます。

 

ただ、現状は育毛剤の方が手軽に入手でき、月々の負担も少ないので多くの人が利用しているのが現状です。なので、育毛治療をする場合はトータルで考えて何が一番効率的か考える必要があります。

 

たとえ月に9090円しかかからないので、試しに使うにしても効果が表れるまでは少なくとも半年から1年はかかります。それだけでも5万〜10万円出費することになります。

 

 

 

まとめ

ここでは育毛剤と植毛の比較でしたが、育毛方法はこれ以外にも無数にあります。しかし、医療行為や医薬品と認められているものはごくわずかです。

 

そのうちの一つが植毛という方法です。育毛治療をするなら、確実性を求めるのが賢明な方法ではないでしょうか。

 

確実に認められている方法、高い確率で確実に効果が期待できる方法が最も効率的な方法ということになります。

 

>>>私の自毛植毛体験談はこちら