自毛植毛 直後

自毛植毛直後の注意点

自毛植毛直後の注意点:植毛経験者の体験レポ

 

植毛直後は、1週間ほどは特に気を使います。なぜかというと、植毛したばかりの髪が抜けないようにしなければならないからです。

 

また、かさぶたができたりかゆみが出たり、あるいはおでこが腫れたりといろいろな症状が出てきます。

 

そして、そのような症状が出た場合、人と会うのは難しいでしょう。もし、植毛がバレないようにしているならなおさらです。

 

そのためには、植毛する前にあらかじめスケジュールを組んでおき、人と会わないようにできるようにしておくべきです。

 

 

 

植毛後1週間

私の場合、植毛後1週間でいろいろな症状が出ました。

 

まず痛みは手術当日にありました。麻酔が切れてきた時点で猛烈に痛かったです。そして、その痛みで当日は一睡もできませんでした。これは2〜3日続いたと思います。

 

次に、猛烈にかゆみがありました。植毛した部分と採取された部分です。採取された部分は髪が生えてこないのでかいても問題ないのですが、植毛した部分はごしごしかくわけにはいきません。

 

叩いたりしてなるべくかかないように我慢していました。しかし、多少はかいていたのでもしかしたらいくらかは抜け落ちた可能性はあります。

 

それから、おでこがかなり腫れあがりました。お岩さんのようになってしまいました(笑

 

とても人前に出れる状態ではありませんでした。これは人にもよると思いますが、もしM字あたりを植毛したなら、腫れあがる可能性があるということは事前に想定しておいた方がいいでしょう。

 

 

 

手術前に余裕を持ったスケジュールを

クリニックのホームページなどや口コミを見ると、手術後は痛みなどもなくすぐに仕事できまいた、みたいな説明や書き込みがあります。

 

たしかに少量の植毛であれば既存毛に隠れてわからないし、それほど腫れもないので仕事ができるかもしれません。しかし、多くは広範囲にわたって植毛する人の方が圧倒的に多いと思います。

 

要するに頭頂部やM字部分が最も薄くなりやすいため、その部分に植毛をするケースがほとんどではないでしょうか。

 

そうなると、容易におでこが腫れるかもしれない、という予想がつきます。ということは、人前に出れない可能性が高いので、術後は最低でも1週間は休みはあったほうが安心です。

 

ただ、大型連休の前などはみんな考えることは同じなので、予約が取りづらいかもしれません。早めの予約が肝心です。

 

>>>私の自毛植毛体験談はこちら

 

 

 

アイランドタワークリニック


アイランドタワークリニックは、カウンセラーの方々も植毛経験のある人たちです。私が施術を受けたときも、カウンセリングの時にカウンセラーの植毛前後の写真、そして本人の髪を直接見せてもらいました。

そして、自分の髪の状況がどうなっていて、どうしなければいけないのかがよくわかります。自毛植毛を検討するなら、まずはアイランドタワークリニックの無料カウンセリングに行かれてみてはいかがでしょうか。

ただいまキャンペーン実施中↓



>>>アイランドタワークリニック公式サイトで確認してみる