自毛植毛 失敗

自毛植毛失敗!?

自毛植毛が失敗することってあるの?

 

自毛植毛が失敗することってあるのでしょうか?

 

自毛植毛は定着率が95%以上ともいわれているので、まさか失敗なんてないだろう、と思われるかもしれません。

 

しかし、自毛植毛が失敗するケースはいくつか考えられます。

 

 

自毛植毛が失敗したと考えられる5つのケース

1、既存の髪と生え方の向きが違っている

植毛するときは、髪を短く刈るため本来の髪の生え方がわからいづらい場合があります。そして実際に植毛した髪が生えてきたとき、既存の髪と生え方の向きが違っていたというケースがあります。

 

2、生え方がまばらになってしまった

広範囲で植毛した場合、症例の少ないクリニックでは、どれくらいの密度で植毛したらいいか判断ができず、まばらになってしまうケースがあります。

 

3、植毛した髪が抜け落ちた

定着率がよくないと、せっかく植毛した髪も抜け落ちてしまいます。原因は後頭部から採取するときに毛根を傷つけてしまった場合に起こります。

 

4、採取された後頭部の髪が薄くなった

移植する株数が多いとそれだけ採取される毛根も多くなるため、元々密度が薄い人はさらに薄くなってしまいます。

 

5、植毛したのに薄くなってしまった

このケースは、植毛した髪が抜け落ちたのではなく、既存の髪がAGAによって抜け落ちたと考えられます。

 

このように、自毛植毛をしても100%納得できない結果になる可能性もなきにしもあらずです。では、自毛植毛が失敗しないためには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

 

 

 

実績のあるクリニックを選ぶ

自毛植毛が失敗することってあるの?

 

まず大前提として、実績のあるクリニックを選ぶことです。なぜなら、実績のあるクリニックというのは、自毛植毛を行った症例数が多いため経験が豊富だからです。

 

経験が豊富ということは、どんな患者でもその人に合った植毛を提案ができ、失敗を最小限にできるでしょう。

 

例えば、後頭部の密度が薄い人なら、FUE法よりもメスを使ったFUT法の方がいいという場合もあるし、植毛部分が広範囲にわたる場合はどれくらいの密度で植毛したらいいかの判断もできます。

 

しかし、

 

もし症例実績の少ないクリニックだと、的確な判断ができないため、判断を見誤ってしまい失敗する確率が高くなります。

 

なので、もし自毛植毛を検討するなら、まずはクリニック選びが重要になるということです。

 

大手植毛クリニック比較

 

 

 

アイランドタワークリニック


アイランドタワークリニックは、カウンセラーの方々も植毛経験のある人たちです。私が施術を受けたときも、カウンセリングの時にカウンセラーの植毛前後の写真、そして本人の髪を直接見せてもらいました。

そして、自分の髪の状況がどうなっていて、どうしなければいけないのかがよくわかります。自毛植毛を検討するなら、まずはアイランドタワークリニックの無料カウンセリングに行かれてみてはいかがでしょうか。

ただいまキャンペーン半額キャンペーン実施中↓



>>>アイランドタワークリニック公式サイトで確認してみる