自毛植毛 坊主

植毛後は坊主にできるのか?

植毛後は坊主にすることも可能ですが、植毛した株数にもよります。2000株以下でしたらそれほど後頭部も目立ちませんが、それ以上になると採取したドナー部分の薄さが目立つ可能性があります。

 

私は2000株植毛しましたが、坊主にするとこんな感じでした。

 

よく見ると、ところどころ白くなっている部分があります。この部分が採取された部分です。2000株の植毛でこれくらいなので、それ以上植毛する場合、例えば2500とか3000株植毛したらもっと薄い部分が目立つでしょう。

 

 

FUEとFUTの違いとは?

 

私が施術した方法はFUEという毛根を直接採取する方法でした。この方法は傷跡は付かないものの、あまり多くやると後頭部の薄さが目立ちます。要するに髪の密度が低くなってスカスカに見えてしまうのです。

 

一方、メスを使って皮膚ごと採取するFUTは傷跡が残るものの、後頭部の密度感は失われずに済みます。

 

髪の密度は人それぞれ違うため、どちらがいいかは断言できません。また、1回だけで髪をずっと伸ばすつもりならFUTの方が後頭部の髪の密度を維持できるのでいいかもしれません。

 

しかし、短髪にしたい、という場合でそれほど移植する本数が多くなければメスを使わないFUEの方が適しているでしょう。

 

 

 

アルタスで植毛した場合は?

アルタス植毛とは、ロボットがドナーとなる毛根を採取する方法ですが、この方法で植毛した場合は注意が必要です。

 

なぜなら、アルタス植毛は採取する範囲が狭いからです。そのため、集中的に採取すると一定の部分だけが薄くなってしまうという可能性があります。

 

 

また、アルタスは側頭部や広範囲からの採取ができません。したがって後頭部の一部分からしか採取ができないのです。

 

植毛数が少ないならそれほど問題はありませんが、2000株以上の場合は、通常の植毛よりも狭いか範囲からの採取となるため、オススメできません。

 

 

 

坊主と伸ばした時の違い

今まで薄毛だったために思い通りのヘアスタイルができなかった、だから髪を伸ばしたい、と多くの人は思うでしょう。

 

ただ、気をつけなければならないのは、髪を伸ばすと抜け毛が増えるということです。なぜなら、髪が伸びた分毛根に負荷がかかり抜けやすくなるからです。

 

なので、坊主の時よりも抜け毛は確実に増えます。では、坊主にした方がいいのか?ということですが、さきほども述べたように2000株未満であれば問題ないですが、それ以上の場合は後頭部の薄さがあらわになります。

 

ではその中間の長さはどうなのか?

 

中途半端な長さにするのが一番みっともなくなります。つまり既存毛と植毛した髪の毛では生える速さが違い、植毛した髪だけが伸びてくると隙間が目立つようになるからです。

 

 

 

植毛後の理想のヘアスタイルは?

これは個人的な私の経験からなので、参考になる方とならない方がいると思うのですが、短めにしつつ適度な長さに保つことです。

 

どういうことかというと、坊主にするほど短くすると隙間が目立ちます。かといって伸ばしすぎると今度は抜け毛が増えます。

 

そのため、後頭部は3〜4mm、植毛した部分は5〜7cm程度が一番薄さがわから長さでした。

 

もちろん人によって髪質や植毛部分、株数など千差万別ですが、このヘアスタイルが抜け毛や見た目などを 考慮すると一番マッチしています。

 

ただ、坊主も何回かしていますが、2000株以下なら問題ないレベルです。また、坊主にすれば抜け毛を減らすこともできます。

 

いずれにしても理想のヘアスタイルというのは一人一人違うので、自分に合ったものを自分で探すしかありません。

 

>>>私の植毛体験談はこちら