自毛植毛 保険

自毛植毛は保険が効くのか?

自毛植毛は保険が効くのか?:植毛経験者の体験レポ

 

自毛植毛は自由診療のため、通常の健康保険は適用されません。植毛というのは医療行為ではありますが、命に係わる病気の治療ではないので健康保険は使えないのです。

 

これは、美容整形や豊胸手術、脱毛、男性であれば包茎手術などもこれらに該当します。

 

ただ、AGA治療薬は通常の病院でも処方してもらうことは可能です。しかし、その場合も保険が効かないので全額自己負担となります。

 

 

 

自由診療のメリット

自由診療は、保険が効かないため高額になりますが、その分自由度が高く、医療機関でより効果の高い治療が可能となります。また、料金もクリニック側が個別に決めるため、より安いところを選ぶことができます。

 

そして、料金が決まってないために各クリニックが値段を競い合い、その結果安く植毛ができるという場合もあります。

 

例えば、ほとんどの植毛クリニックでは、モニター制度というものを取り入れています。これは、手術費を安くする代わりにモニターになって宣伝してもらうというものです。

 

最大で半額で手術できるクリニックもあるので、顔出しできる方にはメリットのある特典です。

 

 

 

他の治療法と自毛植毛

髪の毛に関する治療はすべて自由診療となり、健康保険適用外です。であれば、どうせ薄毛治療するならトータルでなるべく費用がかからないほうがいいですよね。

 

その点から考えると、自毛植毛は術後のメンテナンスが不要なので、トータルで見て一番お得という考え方ができます。

 

例えば、増毛やかつらは定期的に交換しなければなりません。また、育毛剤はストップすれば効果はなくなります。AGA治療についても止めた時点で効果はなくなってしまいます。

 

ということは半永久的に費用が掛かるということになります。そう考えると、自毛植毛は最初に高額な費用がかかりますが、長い目で見れば結局費用が一番安く済み、しかも効果がはっきりと目に見えてわかる治療法なのです。

 

 

 

まとめ

いずれにしても薄毛治療は保険が効かないため、どの治療法も費用はかかります。その中でもなるべく安く確実に治療したいなら、自毛植毛ということになります。

 

理由は先ほども述べましたが、育毛剤やその他の治療法は継続し続けなければならないこと。一方自毛植毛は、一度手術すれば半永久的に自分の髪が生え続け、メンテナンスの必要がないからです。

 

そして、自毛植毛クリニックではモニター制度を採用しているため、可能であれば最大半額で手術が受けられるということです。

 

以上のように、薄毛治療をするには、毎月いくらかかるとか、一度にこれだけお金がかかるとか目先だけで判断せず、トータル的に長い目で見ることが重要となります。

 

>>>私の自毛植毛体験談はこちら