自毛植毛 AGA治療

AGA治療と植毛

 

AGA治療は、薬やメソセラピーで治療することです。AGAとは、男性ホルモンの関係で毛髪が脱毛していく症状ですが、それらを改善するための治療です。

 

一方、植毛はAGAによって完全にハゲてしまった部分に自分の髪の毛を移植する手術です。

 

つまり、AGAに侵されて完全にハゲたところには、もういくらAGA治療をしても生えてくることはありません。それを改善するには植毛するしかありません。

 

 

 

AGA治療の必要性

人によって症状が違うので一概には言えませんが、ほとんどの人は育毛治療をしようとするとき、薄毛を気にして始めると思います。

 

ということは、少なからず完全に脱毛してしまって生えてこない部分があるはずです。また、AGAになると、いきなり抜け落ちるわけではなく、毛が徐々に細くなっていき発毛サイクルが早まります。

 

そして、髪が細く弱々しくなっているはずです。この状態の時にAGA治療を施せば、回復できる可能性は高いです。ですので、自分の頭を鏡で見て、まだ産毛程度でも残っている状態ならすぐにAGA治療をすればかなり改善できるでしょう。

 

AGAは自然治癒するということはなく、何もしなければ進行するいわば病気なので、治療は早ければ早いほど効果的です。

 

しかし、AGAにより一旦抜け落ちてしまった場合、そこからは2度と髪が生えてくることはありません。その時に初めて自毛植毛を考える必要があります。

 

 

 

自毛植毛がおすすめな人

自毛植毛は完全にハゲている部分に自分の髪を移植する手術です。そのため、手術をすればほぼ間違いなく生えてきます。

 

AGAによってハゲてしまった場合、それを修復するには植毛しか方法がありません。

 

要するに、植毛がおすすめな人は、AGA治療でも思うような結果が得られなかった人、どう見ても隙間が多くハゲかかっている人です。

 

AGA治療はあくまで既存毛に対してのみ効果がある治療法です。完全にハゲた部分には効果はありません。それらを穴埋めするには自毛植毛しか方法がないのです。

 

 

 

AGAとの付き合い方

AGAに侵されてしまうと、完治することはないので一生付き合わなければなりません。現在のところ、最善の方法はAGA治療薬を服用し続けることです。

 

プロペシアでAGAの進行を抑え、ミノキシジルで髪にコシを与え細くならないようにします。そして、それでも隙間が気になったり改善できないようであれば自毛植毛するしかありません。

 

ちなみに、育毛剤でもいいのか?という疑問もあるかと思いますが、育毛剤は医薬品として承認されてないため避けたほうがいいでしょう。つまり、医薬品以上の効果は期待できないということです。

 

なお、AGA治療薬には正規品とジェネリック品があり値段も違います。私はジェネリック品で費用を最小限に抑えていますが、最初はAGAクリニックで処方してもらっていました。

 

なぜかというと、薬を飲んでも大丈夫な体かどうか血液検査で確認したかったからです。AGAクリニックでは、最初に血液検査をしてプロペシアやミノキシジルを飲んでも大丈夫かどうか調べてもらえます。

 

プロペシアやミノキシジルは、元々薄毛治療の薬ではありませんでした。プロペシアは前立腺肥大症の治療薬、ミノキシジルは高血圧の薬でした。そのため、人によっては副作用が出る場合があります。

 

それらを事前に回避するためにも、血液検査は必要と考えます。

 

AGA治療薬については、植毛後のメンテナンスについてで解説しています。

 

 

 

アイランドタワークリニック


アイランドタワークリニックは、カウンセラーの方々も植毛経験のある人たちです。私が施術を受けたときも、カウンセリングの時にカウンセラーの植毛前後の写真、そして本人の髪を直接見せてもらいました。

そして、自分の髪の状況がどうなっていて、どうしなければいけないのかがよくわかります。自毛植毛を検討するなら、まずはアイランドタワークリニックの無料カウンセリングに行かれてみてはいかがでしょうか。

ただいまキャンペーン半額キャンペーン実施中↓



>>>アイランドタワークリニック公式サイトで確認してみる