植毛増毛 違い

植毛と増毛の違い

植毛と増毛の違いとは?:植毛経験者の体験レポ

 

植毛と増毛をよく一緒に考えている方がいますが、植毛と増毛はまったく異なる方法です。

 

植毛というのは自分の髪の毛を移植する方法と、人工毛を移植する方法がありますが、人工毛による移植は色々と不都合があり現在はほとんど行われていないのが実態です。

 

増毛というのは、自分の髪ではなく人口の髪を植毛ではなく、既存の髪に括り付けたり、あるいはネット上のカバーのようなものに括り付けてボリュームを増やす方法です。

 

 

 

植毛とは?

植毛とは、自分の髪の毛を採取して薄い部分やハゲている部分に移植することを指します。自分の髪の毛なので拒絶反応も起こらないので、以前と同じように生え続けます。

 

植毛は主にハゲにくくAGAに侵されていない後頭部や側頭部から採取します。頭頂部や前髪がハゲても、一般的に後頭部や側頭部はハゲないケースがほとんどです。

 

それらの元気な毛髪を採取して移植するので、半永久的に生え続けることが期待できます。

 

ただし、植毛は医療行為ですが、健康保険は適用されず自由診療です。そのため、費用は高額になるケースがほとんどです。

 

しかし、一度手術すればその部分に関してはメンテナンスの必要がないため、根本的に薄毛やハゲを解説したい人にはオススメの育毛法です。

 

 

 

増毛とは?

増毛とは、人工の髪の毛を使って髪のボリュームを増やす方法です。有名なのはアデランスやスヴェンソン、リーブ21などです。

 

ちなみにそれらのサロンは医療機関ではないため、植毛のような医療行為や薬の処方はしていません。

 

増毛のメリットは、すぐに理想のヘアスタイルになれることです。植毛の場合、生えそろうまでに半年〜1年の時間がかかりますが、増毛は時間をかけずにボリュームを増やせます。

 

ただ、デメリットとしては定期的にメンテナンスが必要なことです。例えば、既存の髪に人工毛を括り付けた場合、既存の髪が伸びるにつれて調整する必要があります。

 

そのため、その都度サロンに行かなければならないし、費用も掛かります。1度の費用はそれほどでもないとしても、継続的に費用が掛かることを考慮すると、植毛の方が費用が少なくて済むということになります。

 

 

 

植毛か増毛か?

植毛も増毛もそれぞれメリット、デメリットがあります。いますぐフサフサにしたい、という場合はやはり増毛が一番です。しかし、自分の髪で生やしたい、という場合は植毛しかありません。

 

また、費用的に見て植毛はいっぺんに大きな金額が必要になりますが、増毛は植毛ほど費用は掛かりません。しかし、継続してメンテナンスが必要なためトータル的に見ると植毛より費用が掛かることになります。

 

私は自毛植毛を経験しているので、やはり植毛をオススメします。自分の髪の毛が生えてくるのは何物にも代えがたいものがありますからね。

 

>>>私の自毛植毛体験談はこちら

 

 

 

 

アイランドタワークリニック


アイランドタワークリニックは、カウンセラーの方々も植毛経験のある人たちです。私が施術を受けたときも、カウンセリングの時にカウンセラーの植毛前後の写真、そして本人の髪を直接見せてもらいました。

そして、自分の髪の状況がどうなっていて、どうしなければいけないのかがよくわかります。自毛植毛を検討するなら、まずはアイランドタワークリニックの無料カウンセリングに行かれてみてはいかがでしょうか。

ただいまキャンペーン実施中↓



>>>アイランドタワークリニック公式サイトで確認してみる