植毛 バレない

植毛をバレずにするには?

 

自毛植毛は人によってはバレずにできる場合もありますが、元々髪全体が薄い人はどうしてもバレやすいでしょう。ただ、一つの方法としてはあらかじめ坊主、あるいはスキンヘッドにして周りから認知されるようにすることです。

 

自毛植毛するときは髪を短く刈らなければならないので、植毛後はどうしても坊主のようになります。そのときに普段から坊主であれば、周りから気づかれないでしょう。

 

ただし、植毛直後1週間ほどはかさぶたができたり、腫れあがったりするので人前に出るのは厳しいかもしれません。できればまとまった休みがあったほうがいいでしょう。理想は植毛後1週間ほど休みがあれば通常の状態に戻るでしょう。

 

 

ショックロスを乗り切るには?

自毛植毛後、3か月目ごろにショックロスという現象が起きます。これは、一旦髪が抜け落ちる現象です。しかし、この時もあらかじめ普段から坊主にしていれば、バレずに過ごせるでしょう。この時期を乗り越えれば、植毛した髪は順調に生えそろってきます。

 

可能であれば、スキンヘッドなら完全にバレることはないですね。

 

 

 

もともと髪が長い人はどうする?

もともと髪が長く、普段から伸ばしている人はどうすればいいでしょうか?そのような人は刈らないダイレクト法という方法があります。通常は植毛の際、髪を刈り上げて植毛しますが、刈らない方法は文字通り刈らずに手術をする方法です。

 

ただし、費用は通常の植毛よりも若干高くなります。しかし、周りの髪は伸ばしたままでいられるのでバレずに植毛することができます。また、クリニックによってはヴィッグなども用意しているので、髪が生えそろうまで利用すればバレずに済むでしょう。

 

 

 

植毛がバレないようにするための注意点

私の経験からですが、植毛直後はかさぶたができてかゆくなります。また、おでこというかまぶたのあたりが腫れて人前には出れない状態になる場合もあります。人によるかもしれませんが、そのような可能性も考えられるので、できたら植毛直後はまとまった休みが欲しいところです。

 

特に仕事で帽子をかぶらなkればならにような場合、植毛部分が定着してないため抜け落ちる可能性があるからです。また、腫れが治まるまで1週間程度かかるからです。

 

そのためには、どうしても長期休暇に合わせる必要があります。確実にバレないように植毛するには、計画的に仕事との兼ね合いを考えて実行しなければなりません。