自毛植毛 費用

植毛経験者の体験レポ

私は20代後半から髪が薄くなり始め、30代後半についに坊主にしました。髪を伸ばすと薄い部分が目立つため、みっともなかったからです。

 

そして、しばらくは坊主にすることで薄毛をごまかすことができていました。

 

しかし!

 

今まで全体を2ミリに刈っていれば目立たなかったのが、それでも薄い部分が目立つようになってきたのです。

 

坊主にするだけではまずいと思い、今度は1ミリまで刈ることにしたのでした。

 

ところが!

 

今度は頭頂部のあたりが円形にハゲてきていることに気づきました。鏡に映った頭を遠くから見ると、円形に薄くなっていたのです。

 

思えば、今まで薄毛に対する対策は何もやっていませんでした。単にその場しのぎで坊主にしていただけだったのです。

 

今振り返れば、AGAの治療を放っておいた、ということですね。

 

これでは、ハゲになって当然です。

 

とにもかくにも焦った私は、もう最後の手段としてスキンヘッドにするしかないか、、、と半分あきらめモードでした。

 

自毛植毛費用>
自毛植毛する3年前

 

写真でも見るとてっぺんの当たりが薄くなっているのがわかります。下の方に自毛植毛半年後、1年後〜4年後まで写真を掲載しています。

 

 

自毛植毛手術する2週間ほど前

スキンヘッドに見えますが、一応坊主でした。撮影のフラッシュでいつもスキンヘッドに見えていました。

植毛経験者の体験レポ|これを読めば費用・クリニック選びで失敗しない!?

 

 

 

自毛植毛とは?

当時は自毛植毛はもちろん、育毛剤の存在すら知らないほど無知でした。

 

そして、その時考えたのがスキンヘッドにすることでした。スキンヘッドにすればハゲてもわからないだろうと思ったからです。

 

しかし、スキンヘッドにするなら、せめて最後に何か方法はないかな、ということでネットで検索してみることにしたのでした。

 

すると、

 

ある芸能人の方が植毛をしたというような記事を目にしました。

 

今思えば、その方は中野浩一さんで、アイランドタワークリニックの広告塔的な形で紹介されていました。

 

この時、初めて自毛植毛というものを知りました。

 

「そんなことができるのか!?」

 

「これなら薄毛の悩みを解決できるかも」

 

このときは、ハゲを解決できるのでは、という期待に心躍らせていました(笑

 

 

自毛植毛の費用っていくらかかるの?

読み進めていくうちに、自毛植毛は費用がかなりかかる、ということが分かってきました。

 

説明を読み進めていくと、植毛費用の相場は100万円くらいとか・・・え!?

 

そんなにするの?

 

私は当時、車を購入しようか考えていた時で、一応貯金はそれなりに持っていました。

 

しかし、その貯金の大半を植毛の費用に回していいのか?

 

100万円あれば新車の頭金になるし、海外旅行ならかなり贅沢に行けるだろう。

 

私は悩みました・・・。

 

 

 

ついに決断!

自毛植毛の費用に、正直あきらめるしかないか・・・と考えていました。

 

しかし、ハゲにはなりたくない、という深い悩みから解放されない限り、一生モヤモヤとスッキリしない気持ちで過ごさなければならないと思うと我慢できませんでした。

 

植毛費用は100万円だけど、また働けば貯めることができる。しかしハゲは元に戻せない、やるなら今だ!

 

ということで自分を納得させ、意を決して無料カウンセリングに申し込み、マウスでポチっと申し込みボタンをクリックしたのでした。

 

2012年暮れも押し迫ったある日のことでした。

 

 

 

アイランドタワークリニック

 

私が選んだクリニックはアイランドタワークリニックでした。

 

自毛植毛クリニックはほかにもたくさんありましたが、アイランドタワークリニックは国内で植毛した人のうち約7割の方が利用している、ということでここしかないと思いました。

 

>>>アイランドタワークリニック公式サイト

 

 

その時は植毛にかかる費用を心配するよりも、一刻も早く薄毛を解決したいということで、複数のクリニックを比較検討するという考えはありませんでした。

 

数日後、

 

アイランドタワークリニック新宿院に出向いていきました。

 

その時カウンセリングに対応した方は、自身も植毛をしたということで、写真を見せてくれました。もちろん本人の頭も見せてもらいました。

その方は2回目の植毛を終えたばかりということでした。

 

「なるほど!ここまで復活できるのか!」

 

完全に納得した私は、自毛植毛をする決断をしました。
植毛経験者の体験レポ|これを読めば費用・クリニック選びで失敗しない!?

 

 

自毛植毛費用

決断した後、まずは髪の毛をチェックしたいということで写真をとることになりました。

 

前後左右、あらゆる角度から撮影し、どの部分にどれくらい植毛すればいいかを確認するためです。

 

その結果、M字部分と頭頂部が薄いということで、その部分を中心に植毛するということになりました。

 

また、植毛の方法は主に2種類あり、選択によって料金が変わるということも初めて知りました。

 

ストリップ法(FUT)・・・頭皮ごとメスで切り取り、採取する方法

 

ダイレクト法(FUE)・・・毛根をピンポイントで抜き取り採取する方法

 

ストリップ法はメスで皮膚ごと切り取るため、縫合の跡が残ります。また、発育の良い毛根、良くない毛根もまとめて採取するため、毛根を無駄にしてしまうというデメリットがあります。

 

一方、ダイレクト法は、一本一本毛根を採取するため、発育の良い毛根を選んで採取することができる。しかし、毛根の切断率がストリップ法より高くなるということで、定着率に不安が残るというデメリットがあります。

 

どちらにするか悩みましたが、私は、坊主にしていたので傷跡が残るのは嫌だったのでダイレクト法を選択しました。

 

 

そして、写真から判断した結果、植毛は2000株やらなければならないということで、費用は200万円超え・・・!ということでした。

 

内訳は、

 

基本料金20万円
1グラフト/1200円×2000=240万円
合計 260万円

 

さすがにこんなには払えない、と思っていたら・・・

 

「今ならキャンペーンをやっているので200万円でできますよ♪」と言うではありませんか!

 

それでも当初の想定の2倍の費用でしたが、絶対ハゲにはなりたくない!という思いの方が強く、その場で申し込みをしました。

 

2000グラフト/200万円

 

結局、アイランドタワークリニックで2000グラフト植毛するのにかかった金額は200万円でした。

 

つまり、1グラフト/1000円でできたことになります。アイランドタワークリニックの技術的な面と信頼と実績を考えたら妥当な値段ではないでしょうか。

 

もっと安くできる植毛クリニックはありますが、安心を買うと考えれば十分な金額だと思いました。

 

>>>アイランドタワークリニックの現在のキャンペーン内容を確認する

 

 

 

いよいよ手術当日

申し込みをしてから2週間ほど待たされました。正月休みを挟んだ、ということもあるのですが、正月休み期間中もアイランドタワークリニックはフル稼働していたようです。

 

やはり、まとまった休みの時は手術が殺到するとのことです。なので、アイランドタワークリニックは年中無休だそうです。

 

さて、

 

私は手術当日、朝10時にアイランドタワークリニックに行きました。

 

ちなみに植毛費用200万円は現金一括払いでした。当日用意していきました。なお、一括で支払えない場合は医療ローンもできるようなので、まとまったお金がなくても自毛植毛は可能のようですね。

 

いよいよ手術ですが、個室の待合室のようなところで30分ほど待たされたでしょうか。

 

まずはドナーの採取からです。麻酔を打たれていたので痛いという感覚はありませんでした。

 

手術室にはテレビが設置してありました。麻酔をしているといっても完全に意識がなくなるわけではなく、半分うとうととした感じで意識はあります。

 

なので、退屈しないようにテレビを設置していたのだと思います。

 

手術の時間は半日かからないくらいで無事終了しました。

 

その日は包帯を巻いて、用意してもらったニット帽を被り、クリニックが用意してくれたホテルに宿泊しました。

 

ホテルはクリニックから歩いて5分ほどのところにある「西鉄イン新宿」というホテルでした。ちなみに宿泊費用は9000円でした。

 

 

 

痛くて寝れない!

麻酔が効いているうちは痛みはなかったのですが、夜になって麻酔が切れてきたころに徐々に痛みがありました。

 

毛根を採取したドナー部分の後頭部、それに移植したM字や頭頂部がズキズキと痛むのです。

 

結局その日、ホテルではほとんど熟睡できず朝を迎えました。

 

そして翌日、再度退院し包帯を巻き替えて帰宅しました。

 

 

 

痛みとかゆみとの戦い

自毛植毛手術をしてから数日間は、痛みとかゆみとの戦いでした。

 

M字部分に植毛した関係でおでこがお岩さんのように腫れあがりました。人によるのかもしれませんが、私の場合人前に出れないほど腫れあがりました。

 

それと、かゆみがかなりありました。ドナー部分も植毛部分もかゆくて仕方ありませんでした。

 

しかし、植毛部分はまだ定着していないため、かゆいからといってかくわけにもいきません。この時期が一番つらかったですね。

 

そうして1週間から10日ほどしてようやく落ち着いてきました。

 

 

 

散髪はいつからできる?

私は当時、坊主にしていたため、自分でバリカンで刈っていました。

 

しかし、植毛後1か月くらいはバリカンを使えませんでした。

 

また、麻酔の影響だと思うのですが、頭の感覚がなく他人の頭のような感覚がしばらく続きました。

 

1か月経った頃にようやくバリカンで刈ることができました。

 

 

 

自毛植毛はメンテナンスは必要?

自毛植毛後は、特に通院の必要はありませんでした。一応半年後に来てみてください、と言われた程度でした。

 

実際には8か月後くらいに行きましたが、その時も特に診察料はかかりませんでした。

 

ということは、自毛植毛の費用は手術した時だけで、その後はまったく費用はかからないということです。

 

育毛剤や増毛、あるいはAGA治療は継続的に費用がかかりますが、自毛植毛は手術費用は高いですが、その後の費用がかからないため一概に高いとは言えないでしょう。

 

さらには、目に見えて髪の毛が生えてくるので確実に効果を実感できるところがいいですね。

 

ただし、既存の髪の毛を減らさないためのメンテナンスは必要です。これについてはこちらで解説しています。

 

植毛後のメンテナンスについて

 

 

 

ショックロス

自毛植毛後3か月ほど経ったころ、ショックロスといって髪が抜け落ちる事態に陥りました。

 

完全に全部抜けるわけではありませんでしたが、相当数抜けてまばらになっていたと思います。

 

私は幸い自宅で仕事をしていたので、人に会うということはなかったので特に問題はありませんでした。

 

もし、これから植毛を考えているなら、3か月後に起こるショックロスもどう対処するか考えておいた方がいいでしょう。

 

普段から坊主にしているなら、おそらくわからないと思います。0.8ミリまで短くすれば目立たないでしょう。

 

髪を伸ばしているなら、既存の髪の毛をある程度伸ばしておいて隠せるような工夫が必要かもしれません。

 

 

 

自毛植毛6か月後

ショックロスから回復してからは、目に見えて髪が濃くなっていくのがわかりました。

 

ようやく植毛の効果が表れてきたのです。

 

こちらが当時の写真です。

 

 

自毛植毛1年後

植毛した髪は、後頭部や側頭部の発育のいい毛根から採取しているだけあって、伸びるのが早いです。

 

しかも太くまっすぐな髪なので、セットがしやすいのです。

 

ただ、ドナーとなって採取された部分からは髪の毛は生えてきません。この部分は髪を伸ばすときに若干スカスカになって見えます。

 

しかし、ある程度髪が伸びてくればほとんどわかりません。

 

私は数年ぶりに髪を伸ばしました。

 

植毛経験者の体験レポ|これを読めば費用・クリニック選びで失敗しない!?
植毛経験者の体験レポ|これを読めば費用・クリニック選びで失敗しない!?

 

 

 

 

自毛植毛2年後

ここまで伸ばしたのは、おそらく20代の時以来なので20数年ぶりかと思います。

 

植毛経験者の体験レポ|これを読めば費用・クリニック選びで失敗しない!?
植毛経験者の体験レポ|これを読めば費用・クリニック選びで失敗しない!?

 

このころは、もうハゲに対する不安など微塵もなく、人前でも堂々としていられました。誰と会っても臆することなく話したりできました。

 

実は髪がハゲかかっていた時は、人と会うのが苦痛でした。自分の薄い頭を見られているんじゃないかと思うとイヤでしょうがなかったのです。

 

特に女性と会うのはイヤでしたね。やっぱり男なので異性からはよく見られたいというのがありますからね。

 

でも今は大丈夫。

 

 

自毛植毛3年後

 

植毛経験者の体験レポ|これを読めば費用・クリニック選びで失敗しない!?
植毛経験者の体験レポ|これを読めば費用・クリニック選びで失敗しない!?

 

昨年よりさらに伸びてきました。

 

ご覧のように後頭部や側頭部のドナーとなって採取された部分も、伸ばせばまったくわかりません。

 

植毛した部分はM字と頭頂部ですが、発育のいい毛根で太い髪の毛なのでセットもしやすく思い通りのヘアースタイルができます。

 

以前は、細くてペタッとした髪質でしたので、ヘアースタイルも限られていました。

 

もちろん個人差があると思いますが、後頭部や側頭部はAGAに侵されていない元気な毛根なので、比較的ストレートにまっすぐ伸びるようです。

 

 

 

自毛植毛4年後

自毛植毛から4年経過しました。
植毛経験者の体験レポ|これを読めば費用・クリニック選びで失敗しない!?

 

あれからいろいろとヘアースタイルは試行錯誤しました。

 

あまり伸ばしすぎると、薄い部分が目立つことに気付いたため、再び短くしています。

 

やはり頭頂部などは植毛したとしても若い時のようなフサフサとまではいきません。普段はわからないのですが、外出したときなどに風が吹いたりすると頭頂部があらわになるので気になってしょうがありませんでした。

 

そのため、ヘアースタイルを見直すことにし、サイドと後頭部は刈り上げにして植毛した部分だけ伸ばすようにすると薄い部分は目立たないようです。

 

 

 

自毛植毛の効果

自毛植毛は見た目はもちろんですが、精神的にもかなり効果があります。薄毛だったときは、人目が気になり何事も積極的になれませんでしたが、植毛後は髪に対する不安やストレスが一切なくなりました。

 

ハゲていても悩まない人はそのままでもいいと思いますが、もし少しでも悩んでいたり、後ろめたい気持ちがあるなら自毛植毛はオススメです。

 

また自毛植毛は、他の育毛治療と違ってほぼ確実に効果が表れ、しかもいままでハゲていたところから自分の髪が生えてくるというところが魅力です。

 

これで自信がつかない訳ありません。なにしろ、今まで気になっていたところから髪が生えてくるのですから。

 

ただし、自毛植毛は医師やクリニックによって仕上がりや生え方、あるいは定着率など左右される部分があります。また、費用がかかるので、慎重に吟味する必要があります。

 

 

 

失敗しないクリニック選び

自毛植毛クリニックを選ぶとき、まず費用を確認すると思います。

 

では安ければ安いほどいいのか?ということですが、答えはノーです。なぜなら、クリニックごとに医師の腕や設備が違うため、それによって植毛後の定着率や生え方に影響を及ぼすからです。

 

経験の浅い医師は、採取の範囲や植毛の向き、植え方などが未熟な可能性が考えられます。やはり、ベテランの医師の方が経験、実績もあるので安心して任せることができます。

 

また、髪の濃さや密度は一人一人違うので、それらを見極められる医師にお願いしたほうが失敗を回避することができます。

 

 

 

FUTとFUE法について

自毛植毛には2つの方法があります。

 


出典元:http://ameblo.jp/modream/entry-11985941727.html

 

皮膚ごと切り取る方法のFUT法

 

毛根を1つづつ採取するFUE法

どちらも一長一短があり、先々どのようなヘアスタイルをしたいかによって変わってきます。

 

FUT法は皮膚ごと切り取るため傷跡が残ります。しかし、後頭部全体の髪の密度は今まで通りです。普段から髪を伸ばすならFUTの方が費用も安くでき、おすすめです。

 

一方、FUE法は毛根を1つづつ採取するため傷跡は残りません。しかし、採取したところからは髪は生えてこないため、短髪にすると髪の密度が低くなり薄く見えてしまいます。

 

2000株ぐらいまでならそれほどでもありませんが、3000〜4000株ほど植毛する場合は注意が必要です。後頭部がスカスカに見えてしまうからです。

 

なので、自毛植毛を考えている場合は、まず自分がどれくらい植毛しなければならないのか知ることから始まります。

 

そのためには、1つだけのクリニックで決めるのではなく、複数のクリニックで診てもらったほうがより確実に把握できます。

 

>>>植毛クリニックランキングはこちら

 

 

 

ARTAS植毛がオススメな人は?

 

ARTAS植毛とは、後頭部からの毛髪の採取をロボットが行う方法です。特徴としては、正確に早く採取するため手術の時間を短縮できること。

 

また、人件費を削減できるので、その分植毛費用が安くなることです。

 

しかし、デメリットもあります。それは、後頭部からの採取は狭い範囲からの採取となるため、あまり採取する本数が多いと部分的に薄くなるということです。

 

人の手による採取であればバランスよく後頭部や側頭部から採取できますが、ロボットは側頭部からの採取や、範囲を広げて採取するということができません。

 

したがって、ARTAS植毛がオススメな人は、植毛本数が2000グラフト(株)以下でなるべく少ない人、そして少しでも安く植毛したいという方です。

 

2000グラフト(株)以上しなければならない場合は、大手植毛クリニックを検討したほうがいいでしょう。

 

ARTAS植毛を導入しているクリニックはこちら
ルネッサンスクリニック
TOMクリニック

 

 

 

大手植毛クリニックの選び方

 

大手の植毛クリニックはいくつかありますが、技術的には拮抗しているといえます。なぜかというと、元はアイランドタワークリニックの医師だった方が開業しているケースがあるからです。

 

例えば、アスク井上クリニックや親和クリニックは、元はアイランドタワークリニックの医師でした。そのため、植毛方法の名称はそれぞれ違いますが、方法としてはほぼ同じと思っていいでしょう。

 

あとは、医師の腕をどれだけ信頼できるか、それと費用も微妙に異なりますのでその辺も考慮して決めるといいでしょう。

 

東京まで来れる方なら、ほとんどのクリニックは都内にあるので、いくつか同時にカウンセリングを受けてみることをオススメします。

 

大手植毛クリニック比較では、各クリニックの特徴や金額などを比較しています。